男のムダ毛対策!毛深い男は嫌われるので小ぎれいを目指そう

男のムダ毛対策。バリカンやトリマー、脱毛、すく、などの情報あり。どこまでするの?薄くすることができるの?などの疑問も解決。

すね毛をすく道具!ダイソーにあるから手に入れるべし

すね毛をすく道具は、ダイソーにあります。

本来は、髪をすく道具なので『ヘアカッター』『ヘアーカッター』というネーミングになっています。

 

こんな感じで、けっこう種類もあるんですよ。

f:id:kebukai01:20170916032006j:plain

 

うちの近所のダイソーには3種類ありました。

田舎のダイソーでこれだけの数があるんですから、都会ならもっとあるのかなと思ったりします。

 

この中で使い勝手がいいのは白いやつ

私がこの中で使い勝手がいいと思ったのは、白のヘアカッターですね。

f:id:kebukai01:20170917061247j:plain

 

なぜかというと、4段階の調整ができるから。

他の2つは、2段階しかできません。

f:id:kebukai01:20170914182638j:plain

 

なぜ4段階がいいの?

理由はとてもシンプルで、『すく』のに幅が出るから。

出来るだけ残しておきたいなってときには、長く残るように処理できるアタッチメントで処理し、とにかく短くしたいなって時には、カバーを外して直接処理をすればいい。

 

【たくさん残したい場合】

f:id:kebukai01:20170917061500j:plain

 

【あまり残したくない場合】

f:id:kebukai01:20170917061621j:plain

 

f:id:kebukai01:20170917061656j:plain

 

↑これを反対にすれば、ほとんど残したくない場合になります。

凸凹の部分の部分の長さが、全然違うのが分かりますでしょうか?

 

すきカミソリはダイソーで十分

すね毛をすくカミソリって、色々なところから販売されているんですよね。

高いものだと、2,000円以上します。

 

でも、そんなの買う必要ないですからね。

f:id:kebukai01:20170914182917j:plain

ダイソーので十分です。

切れ味も問題ありませんし、他のと比べて遜色はありませんから。

 

例えばギャッツビーのこれとか。

f:id:kebukai01:20170917063634j:plain

 

まとめ

すね毛をすく道具は、ダイソーに複数種類売ってあります。

少し高いものと比べても遜色ありませんので、ぜひ、使ってみてください。

 

もしも、もしも気に入らなかったとしても100円【税別】ですから、そこまで『損した!』って思うことないですよね?(笑)