男のムダ毛対策!毛深い男は嫌われるので小ぎれいを目指そう

男のムダ毛対策。バリカンやトリマー、脱毛、すく、などの情報あり。どこまでするの?薄くすることができるの?などの疑問も解決。

男の陰毛の手入れの仕方は適度な長さがベターだという話

男の陰毛の手入れは、必要になりつつありますよね。

では、手入れするときの長さって、どれくらいがベターなのでしょう?

 

男の陰毛の手入れは適度な長さで調整

f:id:kebukai01:20170916033737j:plain

 

なぜなら、ツルツルにしてしまうと、後悔したときに対処のしようがないからです。

 

適度な長さであれば、「もっと短くしたい」「やっぱりツルツルがいい」と思った時に対応できますよね。

f:id:kebukai01:20170914182917j:plain

 

手入れに使う道具も重要

手入れと書くと『はさみ』を思いつかれるかと思います。

しかし、ハサミは危険なんですよね。

 

ハサミは危険

ハサミは、毛先が整ってしまいますので、処理をしているというのがばれやすいんです。

特に濡れたとき。

肌にくっついた時に毛先が整ってて、切っているのが分かってしまうんですよね。

f:id:kebukai01:20170916031045j:plain

そしてもう一つ。

それは、チクチクしてしまうということ。

 

長めにカットすれば少ないのですが、どうしても毛先が鋭利になってしまうので、パンツなどに引っかかって、それが毛穴への刺激につながりチクチクしてしまうんですよね。

 

これ、かなり気持ち悪いですよ。

f:id:kebukai01:20170916031218j:plain

 

陰毛処理はすく道具がベター

普通のハサミは止めて、すく道具を使うのがベターだと思います。

なぜなら、短い毛のチクチク感を、長い毛がクッションとなり防いでくれるから。

f:id:kebukai01:20170916031759j:plain

本当に、1度やってもらいたいですね。

使う道具は、100均のダイソーに売ってありますから。

 

すきばさみ

f:id:kebukai01:20170916031928j:plain

 

すきカミソリ(ヘアカッター)

f:id:kebukai01:20170916032006j:plain

 

脱毛なら陰毛処理が不要になる!

究極はこれですよね。

 

あなたは、「脱毛って、ツルツルになるから陰毛処理が不要になるんでしょ?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

 

普通なら6回照射するところを、3回でやめるようにすれば、1/2~1/3の陰毛は残った状態にすることができるんですよ。

f:id:kebukai01:20170914182118j:plain



処理が不要になるのは、毛母細胞が破壊されたり萎縮したりダメージを受けたりすることにより、生えてこない(生えてきにくく)なるからです。

 

脱毛に少しででも興味があるときには、こちらのページで詳細を確認していただければ幸いです。

www.otokomudage.com

 

まとめ

男の陰毛の手入れの仕方は、適度な長さがベター。

ツルツルは、最終手段として取っておいてくださいね。

 

適度な長さに調節するときに使えるのが、すく道具。

根元からバッサリやっても、全部切れるわけではありませんので、ガツンとやっちゃってくださいね。