男のムダ毛対策!毛深い男は嫌われるので小ぎれいを目指そう

男のムダ毛対策。バリカンやトリマー、脱毛、すく、などの情報あり。どこまでするの?薄くすることができるの?などの疑問も解決。

ムダ毛を短くしたいなら切るべき?そうですが使う道具に気をつけて!

ムダ毛を短くしたい。

その場合は、ハサミで切るが正解?

そんな風に思って、色々と調べていらっしゃるのだと思います。

 

切るのはいいですが道具に気をつけて

f:id:kebukai01:20170921051851j:plain

 

毛深い男の場合、ハサミで切るとチクチクしてしまう可能性が非常に高いです。

 

理由は、切ることによって毛先が鋭利になるのと、短くなってしまうためしなやかさが失われ、刺激が毛穴の奥の神経に伝わりやすいからです。

f:id:kebukai01:20170920002351j:plain

そこで使いたいのが、すきばさみ。

すきバサミじゃなくても、すくための道具なら問題ありません。

 

すくための道具のメリット①

最大のメリットは、すく方法は長い毛と短い毛を作り出す方法なので、長い毛がクッションの役割を果たすためチクチクしにくいということ。

 

使ってみると分かりますが、本当にチクチクしにくいんですよね。

f:id:kebukai01:20170920041450j:plain

 

張り切ってやりすぎると、チクチクしてしまう可能性が高くなりますので、ほどほどのところで止める必要があるのですが、ほんとうにいい。

 

すくための道具のメリット②

ばれにくいのがいいですね。

普通にハサミでムダ毛を切るだけだと、毛先が整ってしまうので、処理しているのがばれやすいんですよね。

 

でもすくための道具を使うと、先ほども書きましたが長い毛と短い毛が存在して、長い毛に短い毛がある程度は隠されるんですよ。

f:id:kebukai01:20170916031759j:plain

『木の葉を隠すなら森の中』ですね。

 

毛先が整っていると、濡れたときオンザ眉毛状態になってしまうんですよ。

もう、バレバレです。

 

すくための道具のメリット③

安い。

すく道具は100均で購入できます。

f:id:kebukai01:20170916032006j:plain

 

f:id:kebukai01:20170916031928j:plain

 

たったの100円(税別)で、人にばれることなく処理でき、チクチクもしにくくできるんですよ。

 

素晴らしすぎます!

 

まとめ

ムダ毛を短くしたいのでしたら、切るべきです。

ただ切るのはハサミではなく、すく道具で切る(カット)という形がいいと思います。

 

それだと、チクチクしにくいですし、処理しているのもばれにくいです。

 

すく道具で、短くする方法は非常に有効ですが、また、普通に伸びてきます。

毎回の処理が、少しずつ面倒になってくるんですよね。

f:id:kebukai01:20170917085448j:plain

そんな場合は、脱毛を検討されるといいかもしれませんね。

私は脱毛しているのですが、美しいボディを手に入れる第一ステップかなと思っています。

 

すいたり切ったりする必要は、今はもうありません。

あっ!ナルシストじゃないですよ?(笑)

 

「脱毛?」と思われたときは、こちらのページが役に立つかなと、手前味噌ですが思います。

www.otokomudage.com