男のムダ毛対策!毛深い男は嫌われるので小ぎれいを目指そう

男のムダ毛対策。バリカンやトリマー、脱毛、すく、などの情報あり。どこまでするの?薄くすることができるの?などの疑問も解決。

耳毛が多いのでカミソリで処理すると切ってしまって困るときの対策

耳毛が多いのでカミソリで処理をしているけど、結構、カミソリで切ってしまって出血することが…。

 

何かいい方法はないかなと思って、調べていらっしゃるのではないでしょうか?

 

耳毛を処理するときに出血しない対策

それは、耳用のシェーバーを利用すること。

いくら耳の中の毛の量が多い状態でも、ガンガンカットしてスッキリな耳にしてくれますよ。

 

色々と出ているのですが、私が使って満足しているのが、パナソニックの以下の商品。

 

エチケットカッター

商品名は、エチケットカッターと言います。

f:id:kebukai01:20170924125213j:plain

 

f:id:kebukai01:20170924125244j:plain

 

このヘッドの隙間に入り込んだ耳毛を、一網打尽にしてくれるのがエチケットカッターの魅力ですね。

 

カットする部分が直接肌に触れることはありませんので、耳の中を傷つける心配をする必要がありません。
極端な話、目をつぶってでも処理できますし、何も考えなくても処理できます。

f:id:kebukai01:20170924125802j:plain

耳毛が多い少ないは関係ありません。

先ほども書きましたが、一網打尽です。

 

エチケットカッターのデメリット

何があるでしょうか…。

パナソニックのエチケットカッターは乾電池なので、ストックを買っておかないと電池が切れた時に困るくらいでしょうか?

 

初期投資は少しかかりますが、安いタイプだと1,000円以下なので、そんなに金銭的な負担にはなりませんよね?

それで、ケガ知らずになり、リスク回避できるのですから、決して高い買い物ではないと私は思ってます。

f:id:kebukai01:20170924130127j:plain

カミソリも一個一個は安いけど、年間トータルで見ると結構な出費になってしまいますよね。

 

まとめ

耳の中の毛を処理するときに、カミソリで出血ばかりしている場合は、シェーバーを使ってみてください。

 

安いものなら1,000円以下で、あなたが耳を切ってしまうことを『0』にしてくれますよ。

 

⇒amazonでエチケットカッターを確認してみる