男のムダ毛対策!毛深い男は嫌われるので小ぎれいを目指そう

男のムダ毛対策。バリカンやトリマー、脱毛、すく、などの情報あり。どこまでするの?薄くすることができるの?などの疑問も解決。

胸毛をクリームで処理!止めといたほうがいいと思う理由は1つ

胸毛が気になるから、除毛クリームで処理。

「それが1番、いい方法だ」との口コミがあった。

 

本当にそうなのだろうかと思って、調べていらっしゃるのだと思います。

 

胸毛を除毛クリームで処理してもムダです

理由はただ1つ。

黒いぶつぶつが残るから。

 

シェーバーやカミソリで処理するのと、ほとんど同じと思ってください。

f:id:kebukai01:20170919151123j:plain

 

なぜそう言い切れるのか。

それは私が体験者だからです。

 

胸毛は一番に脱毛したのでもう生えていないのですが、除毛クリームを使ったところで、カミソリやシェーバーで処理するよりも、少し奥の方から処理できるだけで、そこまで見た目に変わりはありません。

 

確かにごっそりは取れる

こんな感じですね。

(*これは脇毛です)

f:id:kebukai01:20170919151350j:plain

 

でも、だまされないでくださいよ。

これって、カミソリで剃ってもこんな感じで処理できます。

シェーバーでも、同じように処理できます。

 

別に除毛クリームを使ったからといって、胸毛がこんなにごっそりと取れるわけではないんですよ。
画像にだまされているだけなんです。

f:id:kebukai01:20170917085622j:plain

 

除毛クリームのメリットって何だ?

しつこいですけど、除毛クリームってメリットほとんどないですから。

チクチクしないといいますけど、カミソリやシェーバーよりはチクチクしないだけであって、普通にチクチクします。

f:id:kebukai01:20170917085448j:plain

少し奥の方から処理できるといいますけど、見た目てきにはそんなに変わりません。

 

足の指で恐縮なのですが、これ、片方はカミソリ、片方は除毛クリームで処理しています。

f:id:kebukai01:20170919151854j:plain

どっちがどっちか分かりますか?

分かったとしても、高いお金を払ってまでする価値のある差ですか?

 

正解は下へ…。

 

 

 

 

正解は、右が除毛です。

 

どうですか?

「おおおおおおお!!」って、なりませんよね?

 

「えっ!?こんなに違いがないの?」って感じですよね?

 

だまされないでくださいね

ゴッソリって言葉に、だまされないでください。

ゴッソリの画像に、だまされないでください。

 

カミソリやシェーバーで剃っても、ほぼ同じ状態になりますから。

 

除毛は簡単だという言葉にだまされないでください

たった10分でとか書いてありますけど、だまされないでくださいね。

f:id:kebukai01:20170916113254j:plain

除毛クリームを肌につけてから、5~10分であって、それ以外にも時間や手間がかかります。

 

たったという言葉は大嘘だと思う理由

クリームを塗ります。

伸ばします。

ヘラが汚れます。

10分間そのまま。

ヘタすると垂れてきます。

10分間経ちます。

ティッシュなどで拭き取ります。

何回も拭き取らないと取れません。

それはゴミになります。

ゴミがアホのほうに増えます。

除毛クリームのニオイが臭いです。

洗い流さないといけません。

胸なのでシャワーか、お風呂になります。

服を脱ぎます。

ヘラや胸を洗います。

お湯で洗い流すだけでは体に除毛成分が残ります。

石鹸やボディソープで洗い流します。

拭き取ります。

服を着ます。

 

どうですか?

たったのですか?

 

私はどう考えてもたったのじゃないし、面倒くさいって思うんですよね。

 

まとめ

除毛クリームは、確かにカミソリやシェーバーと比べると、少し奥の方から処理できますし、肌触りも少なからず違います。

が、たかがそれだけ。

見た目てきには、ほとんど変わりません。

 

私は、二度としたくない処理法だと思っています。

 

 

胸毛を本当にどうにかしたいのであれば、脱毛しかありません。

脱毛って高いと思っているかもしれませんが、例えばですが、私が通っているリゼクリニックなら、49,800円でツルツルにできますよ。

f:id:kebukai01:20170919154047j:plain

 

それ以外の医療機関でも、安いところで出来るところがあると思います。

 

脱毛については、こちらのページに詳しく書いています。

興味があるときには、読んでいただければ幸いです。

www.otokomudage.com