男のムダ毛対策!毛深い男は嫌われるので小ぎれいを目指そう

男のムダ毛対策。バリカンやトリマー、脱毛、すく、などの情報あり。どこまでするの?薄くすることができるの?などの疑問も解決。

足の指毛を抜くと痛いのはなぜ?理由は大きく3つあります

足の指毛を抜くと痛い。

なぜ痛いのだろう…。

 

そんな疑問がありますよね。

 

足の指毛を抜くと痛い理由は大きく3つ

f:id:kebukai01:20170915151448j:plain

 

理由は大きく3つあるといえます。

・神経が集中
・皮膚が薄い
・毛が太い

 

神経が集中

手足は、人間の中でも神経が集中しているところ。

表面は日ごろの刺激により強いが、毛穴の奥の方は神経が多く繊細なため、痛みを強く感じます。

f:id:kebukai01:20170916031218j:plain

神経とくっついているものを、引きちぎるのですから、痛くないわけがありませんよね。

 

皮膚が薄い

足の裏は皮膚が厚いのですが、指側の皮膚は薄いです。

鼻の下の毛と同じで、痛みを強く感じます。

 

毛が太い

太いほうが神経と多く繋がっているので、痛みを強く感じます。

足の指の毛って、けっこう太いですよね。

 

髭の次に太いのではないでしょうか。

 

足の指毛を抜くと痛いのを軽減する方法

少し面倒臭いですが、足の指毛を抜くときに痛いのを軽減する方法があります。

が、気休め程度で、劇的な変化をするわけではありませんので、過度な期待は持たないでくださいね。

 

温める

温めることで毛穴が開きますので、抜けやすくなります。

ハンドタオルなどを水で濡らしてしぼり、500wの電子レンジで1分くらい加熱すると、床屋さんでされる温かいタオルになります。

 

それを抜く指毛の上に載せて、温まるまで放置しましょう。

 

出来る限り根元をつまむ

毛先をつまんで抜こうとすると切れてしまったり、毛にくせがついているため引っ張った方向以外のところにも力が分散されるため、痛みが強くなります。

 

出来るだけ根元で、しっかりと肌を固定してから抜いてくださいね。

 

伸びている方向に抜く

伸びている方向に向かって抜いてください。

 

ゆっくり抜く

急いで抜くと、毛が切れてしまいます。

それに刺激が強くなって、毛穴を傷つけてしまうことも…。

なるべく、ゆっくり目で抜いてくださいね。

 

結局はまた生えてくる

いくらキレイに抜いても、指毛はまた生えてきます。

それに、毛穴から出てきていない毛は抜くことができませんので、黒ぶつぶつは少しは残ってしまいますよね。

 

こんな感じです。

f:id:kebukai01:20170917132812j:plain

 

完全に無くしたいなら脱毛しかありません

二度と痛い思いをしたくないと考えなら、脱毛しかありません。

医療機関、エステサロン、家庭用光脱毛があります。

 

脱毛のメリット

脱毛の最大のメリットは、毛が生えてこないということもですが、毛穴が小さくなっていくというのもポイントの1つ。

毛が生えてこないので、毛穴が小さくなっていくんですよね。

 

すると見た目がとてもスッキリした感じになり、つるつるすべすべの清潔感あふれる整った肌になります。

 

脱毛って高いんじゃないの?

私がそう思っていたのですが、全然そんなことはありませんでした。

足の指だけなら、1回4,000~6,000円くらいで出来ますよ。

 

5回もすれば生えてこなくなるので、20,000~30,000円で、一生足の指毛に困ることは無くなります。

f:id:kebukai01:20170915145613j:plain

 

ちなみにですが、私が通っているメンズリゼクリニックは、足の甲の脱毛もセットで、5回で19,800円と破格です。

 

メンズクリニック、エステサロン、家庭用光脱毛器の違いって何?

私は医療機関で行っていますが、それぞれの脱毛方法にはメリットとデメリットがあります。

そのあたりについて詳しく、こちらのページに書いています。

www.otokomudage.com

 

まとめ

足の指毛を抜くと痛い理由は、大きく3つあります。

その理由を回避することはできませんので、多かれ少なかれ痛みは出てしまうんですよね。

 

痛みに耐えられない、指毛に耐えられないという場合は、キレイになりたいと思われるのであれば、脱毛がいいと思います。

数千円で出来ますから、リーズナブルだと思いませんか?

 

ちなみに、私が医療機関で脱毛をした理由については、以下のページに書いております。

www.otokomudage.com