男のムダ毛対策!毛深い男は嫌われるので小ぎれいを目指そう

男のムダ毛対策。バリカンやトリマー、脱毛、すく、などの情報あり。どこまでするの?薄くすることができるの?などの疑問も解決。

すね毛を薄くする方法!安くて簡単で効率がいい処理法が1つある

すね毛を薄くしたい!

でも、どうやって薄くするのか分からない。

 

困っているあなたに朗報です。

 

すね毛を薄くする方法!

安くて、簡単で、効率がいいすね毛を薄くする処理方法が1つあります。

 

それは、「すく」です。

 

ちょっとこれ見てもらっていいでしょうか?

f:id:kebukai01:20170916185528j:plain

 

右と左で、濃さが違うの分かりますか?

向かって左側が、すいているすねになります。

 

すね毛をすくとこのように、すごく自然な形で薄くすることができるんですよ。

全然違うのが、お分かりいただけますでしょうか?

 

すく方法はとにかく安い!

ダイソーなどの100均に、ヘアカッターというものが売ってあります。

本来は髪をすく道具なのですが、それを使います。

 

うちの近所のダイソーには、3種類ありました。

f:id:kebukai01:20170916032006j:plain

 

使いやすいのは、むかって一番左側の白いやつ。

持つところが青いやつですね。

f:id:kebukai01:20170917061247j:plain

 

なぜこれが一番いいのかといいますと、すく量を4段階に調節できるからなんですよね。

 

長めに残したい時には、白いカバーを付けて。

f:id:kebukai01:20170918113128j:plain

 

短めに処理したい時には、白いカバーを外して。

f:id:kebukai01:20170918113208j:plain

 

ものすごく便利がいいんですよね。

 

最初は怖いですから、一番長い方法ですいてください。

本当に、嬉しいくらいにキレイになりますよ。

 

すく方法は簡単

肌の上を滑らせるだけ(笑)

すごく簡単ですよね。

f:id:kebukai01:20170916022155j:plain

 

すく方法は効率がいい

所要時間は、数十秒~数分です。

それだけで、あなたが望むレベルの薄さにすね毛をすることができます。

 

やらないほうがいい薄くする方法

やらないほうがいいかなって思う薄くする方法が、2つほどあります。

 

脱色

確かに薄くなって目立たなくなるのですが、色がやばいです。

金色や茶色になるのですが、頭は真っ黒でひげも黒いのに、すねだけ金色や茶色というのは、とても微妙。

f:id:kebukai01:20170915041402j:plain

それに、伸びてきたときには、下の方は黒いんですよね。

ツートンカラーになってしまうので、かなり汚らしくなってしまうんですよね。

 

抑毛

毛母細胞に、女性ホルモンに似た物質を浸透させることにより、毛を薄く、細く、弱く、しかも発生スピードを遅らせることができる方法。

 

大学教授や医学博士も認めている、画期的な処理法になります。

f:id:kebukai01:20170915072559j:plain

しかし、私には全く効果がありませんでした。

そして、私と同じように効果を感じていない人も、非常に多いのがこの抑毛という処理方法なんです。

 

個人のブログやサイトは、あまりあてにしないでください。
楽天やamazonで抑毛と検索して商品を見てください。
評価がものすごく悪いことが、お分かりいただけるかと思います。

 

私は、ネットのランキングで上位だった3つの抑毛ローションを使いましたけど、どれも、何の変化も感じることができなかったんですよね。

 

お金をドブに捨てたようなものです。

f:id:kebukai01:20170916031045j:plain

3つの合計金額は1万円くらい。

金返せっていいたいですね。

 

根本的解決を目指すなら脱毛

「すく」方法で満足ができなくなった場合は、脱毛があります。

 

脱毛はツルツルのイメージがありますが、照射回数を少なめにすることにより、今のすね毛の1/2の量にしたり、1/3の量にしたりすることができるんです。

 

しかもそれが、一生涯続きます。

本当の薄いすねを手に入れることができるのは、脱毛だけといえるのではないでしょうか。

 

まとめ

すね毛を薄くする方法の、第一選択肢は「すく」。

100円(税抜)でできるので、ぜひチャレンジしてください。

少なくなった毛はボリュームダウンもして、本当にスッキリしますよ。

 

第二選択肢は脱毛。

二度とすね毛を気にしなくてもいいボリュームに、調整することができます。

 

一応、脱毛の詳細のリンクを貼っておきますね。

www.otokomudage.com