男のムダ毛対策!毛深い男は嫌われるので小ぎれいを目指そう

男のムダ毛対策。バリカンやトリマー、脱毛、すく、などの情報あり。どこまでするの?薄くすることができるの?などの疑問も解決。

けつ毛を除毛クリームで処理すると痛い?毛深い男の実践レビュー

けつ毛が気になる。

どうしても気になる。

 

だから、処理をしようと決意されたと思います。

 

ところが、色々と調べるうちに、除毛クリームという存在を知り、果たして、けつ毛に使えるのか、使えるとしても痛いのか痛くないのかが気になられているんだと思います。

 

けつ毛は除毛クリームで処理しても痛くない!

f:id:kebukai01:20170920012231j:plain

 

個人差があると思いますが、私は痛くもかゆくもありませんでした。

本来ならば画像を提供したいのですが、さすがにやばいかなと思って提供できません。

f:id:kebukai01:20170916112114j:plain

張り切って撮影したけど、ムダに終わりました。

 

痛くはないけど条件付き

それは、肘の内側や膝の裏側に使った結果、ヒリヒリしないものを使うということです。

少しでもヒリヒリするのであれば、止めたほうがいいです。

f:id:kebukai01:20170915042034j:plain

なぜなら、そこでヒリヒリするのであれば、けつ毛に使うと高い確率でヒリヒリするから。

 

必ず、肘の内側や膝の裏側に塗って試してから、使うようにしてくださいね。

 

私がおススメするのはこの除毛クリーム

私がおススメするのは、この2つ。

 

【NULLリムーバークリーム】

f:id:kebukai01:20170915120951j:plain

 

【ソランシアリムーバークリーム】

f:id:kebukai01:20170915121104j:plain

 

なぜなら、私がひりひりしなかったからです。

 

残念ながらこちらの商品はヒリヒリしました。

 

【ヴィート除毛クリーム】

f:id:kebukai01:20170920005943j:plain

 

でも、おすすめと書いていますけど、除毛クリームそのものを男のムダ毛処理にはおすすめしていません(汗)

男のムダ毛対策の一環として実践していますが、本当に除毛クリームはメリットが少ないですからおすすめしていません。

 

除毛って、結局また普通に生えてくるんですよ。

処理も、『準備して、拭き取って、洗い流して、乾かして』って、けっこう手間暇かかりますし。

 

それだったら、シェーバーなどで剃ったほうがラク。

f:id:kebukai01:20170916113254j:plain

除毛クリームはチクチクしないといいますけど、あくまでも、カミソリやシェーバーと比べて軽減ってレベルであり、全くチクチクしないわけではないんですよね。

 

わざわざ高いお金を払って、除毛クリームで処理する意味って皆無に等しいと私は思うんです。

 

けつ毛がなくなると快適になる

けつ毛を処理すると、ものすごく快適になります。

これは、除毛クリームでもシェーバーで剃っても同じ。

 

上手く表現できなくて申し訳ないのですが、肛門を洗うときの毛のまとわりつきというか、けつの割れ目に当たる刺激というか、そんなのが全くなくなるので、気持ちがいいんです。

 

大小の『大』のほうが、けつ毛にくっつかなくなるのもいいですよね。

くっつかないので肛門周囲のニオイは、嗅いで無いから分かりませんが、多分、激減していると思います。

f:id:kebukai01:20170919202215j:plain

けつ毛を処理したらくせになる

100%に近い確率で、クセになります。

けつ毛に使ったのを他の部位には使いづらいので、専用のシェーバーを購入したくなると思います。

 

それだけ、刺激的なんですよ。

 

でも、だんだん面倒になってくるんですよね。
快適なのは分かっているから処理はするのですが、面倒になってくるんです。

f:id:kebukai01:20170915041402j:plain

そんな私が行きついたのが、脱毛。

なぜなら、自己処理が面倒になってきたから。

 

今はもう、けつ毛が生えていたのは過去の事。

 

ツルツル肛門!

最高!

f:id:kebukai01:20170915072559j:plain

 

「脱毛って何?」と思われた際には、こちらのページが役に立つと思います。

www.otokomudage.com

 

けつ毛脱毛奮闘記(作成予定)

 

まとめ

けつ毛を除毛クリームで処理しても、痛いということはありません。

ただ、使う除毛クリームによって、刺激に差がありますので、必ず、大丈夫かどうかを、肘の内側や膝の裏側で試してから使ってください。

 

肛門がひりひりしてしまったら、生き地獄ですから。